未分類

AIで「地球外生命体」を探すプロジェクト Project to search for ‘extraterrestrial life’ at AI

プリマス大学の「Centre for Robotics and Neural Systems (CRNS)」プロジェクトを率いるChristopher Bishopは「ニューラルネットワークを用い、生命の存在に適した条件を持つ惑星(ISV)を探そうとしている」と述べた。
Christopher Bishop, head of the Center for Robotics and Neural Systems (CRNS) project at Plymouth University, said, “I am trying to find a planet (ISV) with conditions that are appropriate for the existence of life using a neural network.”

CRNSは次の惑星を生命の存在可能性を持つ惑星とみなしている。それは、地球や初期の地球、火星、金星、土星の惑星のタイタンといった5つの星たちだ。ニューラルネットワークは人間の脳を模倣したコンピュータシステムだ。 研究チームはこのデータの分析を通じ、これまでになかった生命の存在可能性の根拠となる指標を導き出そうとしている。
CRNS regards the next planet as a planet with the possibility of life. It is five stars, the Earth, the early Earth, Mars, Venus, Titan of Saturn’s planet. Neural network is a computer system that imitates the human brain. Through analysis of this data, the research team is trying to derive indices that are the basis of existence possibilities of life that have never existed before.

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


ツールバーへスキップ