未分類

世界最大の航空機が初飛行、ロケットの空中発射に向けて前進 The world’s largest aircraft flies for the first flight, launching rockets into the air

(CNN) 世界最大の航空機「ストラトローンチ」が13日、米カリフォルニア州のモハベ空港から初の試験飛行に飛び立った。
(CNN) The  world’s largest aircraft, Stratolaunch, took off for the first test flight from Mojave Airport in California on the 13th.

同機は米マイクロソフトの共同創業者、故ポール・アレン氏設立のストラトローンチ・システムズ社が、人工衛星搭載のロケットを空中から発射させることを目指して開発している。
The aircraft is being developed by Stratolaunch Systems, Inc., a co-founder of the US Microsoft and founded by the late Paul Allen, with the goal of launching a rocket equipped with a satellite from the air.

翼幅は史上最大の約120メートルとアメリカンフットボール場ほどの長さで、全長約73メートル、重量約230トン。双胴型の機体の両方に操縦室を備えているが、飛行時は一方だけを使う。

The wing width is about 120 meters, the largest ever, and about the length of an American football field, with a total length of about 73 meters and a weight of about 230 tons. Both cabins have cockpits, but only one is used when flying.
乗ってみたい! I want to ride on!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


ツールバーへスキップ