未分類

腸内微生物の移植が、自閉症スペクトラムの症状を軽減する:研究結果 Transplantation of Enteric Microorganisms Reduces Autism Spectrum Symptoms: Study Results

腸内微生物の移植を施された自閉症スペクトラムの患者を2年かけて追跡調査した結果、患者に特徴的な「社会的ふるまい」に45パーセントもの改善がみられたとの研究結果が発表された。この研究は、腸内微生物移植が自閉症スペクトラムの長期的な治療において効果的である可能性を示唆している。

The results of a two-year follow-up survey of patients with autism spectrum transplanted with enteric microbes revealed that there was a 45% improvement in the “social behavior” characteristic of patients The This study suggests that intestinal microbial transplantation may be effective in the long-term treatment of the autism spectrum.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


ツールバーへスキップ